GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

ダンロップ F11とK527


 GSX250Eのタイヤは納車時にバイク店が新品交換してくれたブリジストンのBT45でした。

 GSX250Eのキャストホイールはチューブ専用なので、チューブレス(TL)のBT45にチューブを入れて履かせおり「なんかパターンが今風すぎだよね」と思ったものの、そのまま乗っていましたが、さすがに6年目ともなると寿命が。

 そろそろ交換かな?と思っていたら、車種指定タイヤとなっていたダンロップのF11とK527のチューブ仕様(WT)が生産中止になったという噂を聞きました。

 ダンロップホームページで確認すると、確かに掲載されているのは、どちらもチューブレス(TL)のみで、F11に至ってはTLでさえ「数に限りがあります」の注記付きなので、どうやら型番そのものが廃止されるみたいです。

 バイクタイヤを売っている店で、自宅から一番近い二輪館に行って確認すると、まだ、どちらもチューブタイヤ(WT)のメーカー在庫が残っており、手配可能ということで即発注。2日ほどで入荷しました。猛者な方は自分で交換しますが、さすがにそんな度胸と器具がないので、タイヤ交換と古タイヤの処分を依頼しました。

 交換後、タイヤの皮むきを兼ねて近所を流します。
 
イメージ 1


イメージ 2


 BT45もタイヤ性能は全然、悪くなかったですが、やはり、80年代のバイクにはこのパターンが似合いますね。さすが車種指定タイヤです。

 昔、ダンロップ F11とK527はグリップが良くなく、リアがすべり易いと仲間内で言われてましたが、最近はゴムの材質が変わったようで、無茶をしなければ、全然OKと聞きました。



イメージ 3

 
 次回の交換のときは、もう前後輪ともチューブ仕様はもちろん、F11は消えてK527も生産されているか微妙ですね。前後TT100になるのかな?

 
イメージ 4


 江戸川沿いの、まこ藻公園で休んでいたら、安全な場所に猫がじっとしていました。本人は難攻不落の要塞の中にいる気分なんですかね?