GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

メーターのオイル切れ


 エンジンオイルも交換し、新品タイヤの皮むきも兼ねて、定番の周回コースを走っていると「ザー」という異音がフロント辺りから聞こえます。幾度か止まって各部を点検するも異常なし。

 そのまま、ゆっくり走っていたら「キュルキュルキュル」と聞き覚えのある音に変わったので、メーター軸のオイル切れと判明。異音がしたのはスピードメーターで、すぐにメーターケーブルを外して帰宅し、以前、CB400LCでもお世話になった日本計器サービスに電話を。

「車種と年式は?スズキのGSX250E 1981年型?え~っと、横長の箱にスピードメータータコメーターが入っている奴かな?

「最近、GS400とかGT380、GSX250Eは多いよ。スズキに限らずホンダのホークやGB250、CB250RS、カワサキのZ400FXやZ400LTD 、ヤマハのRZ250やXJ400なんかも修理依頼がきているよ。1970年代から80年代の国産バイクは、みんなメーター軸のオイルが切れる時期なんだよ。だって、もう製造されてから35年以上も経つんだよ」

「GSXならメーターケースごと送ってよ。こっちでバラすから。調子悪いのはスピードメーターの方?でもタコメーターだって同時期に製造されているんだから、オイル切れは時間の問題だよ。え?アイドリングで針がプルプルしてる?それ前兆だよ。どうせメーターケース開けるんだから、一緒にOHやっておく?」

てなやりとりがあって、メーターケース丸ごと送って両方OHしてもらうことにしました。GSXの場合、メーターケースから出てる配線が長くて、メインハーネスとのコネクト部がタンクの下にあり、さらに、ライトに干渉してメーターケースの固定ボルトにスパナが入らないので、タンクとライトを外さねばなりません。かくして、バイクはこんな姿に。


イメージ 1



イメージ 2


 5年前、CB400LCのメーターを依頼したときは、OH代がメーター1個6000円で「日本計器サービスは神だな~」と感動しましたが、数年前から12000円(税別)に値上げしたそうです。それでもタコメータースピードメーターのOHで50000円とか請求してくる某店よりはまだ安いです。(最近は両方OHして80000円という店もあります)

 一週間後、修理が終わって戻ってきました。「文字盤も色抜けしてないし、すごく状態がいいね」と褒めてもらい、ちょっと嬉しかったです。


イメージ 3


 さっそく取り付けてテストを。


イメージ 4


 当然、異音もしなければ、タコメーターの針のプルプルもなくなりました。GT380乗りのタケベ・スズキさんに顛末をメールしたら、すでに、ここ2年で3台のバイクのメーターOHを日本計器サービスに依頼したそうです。

「GSX250Eでスターターリレー、メーター軸のオイル切れと来たなら、次はレギュレーターが死ぬから、早めに手配した方がいいぞ」

「うちの界隈(福島県内陸部)でGS400に乗ってる知り合いが、ヘッドライトが急にハロゲン並みに明るくなって、ウインカーも明るく点滅して、もう絶好調っす!ワックスがけしてやったから、きっとバイクが感謝してるっす!とか脳天気に喜んでたから、それ単にレギュレーターが死んでるだけ。すぐ交換しないと過電流で電球全部飛んで、バッテリーが泡吹いて、電装系が全滅だぞと教えたけど、奴が理解できたかは知らん」

レギュレーターの純正部品は25000円以上するから社外品でもいいけど、あんまり安過ぎは危険だから、ほどほどのレベルをな。俺もお金に余裕があるときに、1台づつ更新しているよ(スズキさんは70~80年代バイクを10台以上も所有)」

う~ん、古いバイクは何かとお金が掛かります(泣)