GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

劉家山東牛肉の清燉牛肉麵と排骨麺

 
 4日から7日まで夫婦で台湾旅行に行きました。春頃、今年は奥さん一族のルーツがある奄美大島を旅行したいとリクエストされていたのですが、その後、義父さんが大腿部骨折をしてしまい、入院&人工関節への置換手術、そして長いリハビリが続き、一段落して気付いたら11月に。
 
 気分転換に奄美大島旅行に誘ったところ、どうせ行くなら台湾の方が良いと言われ、航空券とホテルがセットになったフリーツアーを予約しました。
 
 台湾は、仕事では何度も行ったことがありますが、旅行するのは初めてです。これまではホテルのロビーで待っていれば、先方が車で迎えに来てくれ、そのまま会社に直行だったので、台北市内の地下鉄やバスに乗るのも初めてでした。
 
 台北のホテル近所の路地裏にあったのが「劉家山東牛肉麵」です。正直言って見た目はキレイではありませんが、ミシュランガイド台北2018ビブグルマンに選ばれたそうです

イメージ 1

 私達は朝早く行ったので、すぐ座れましたが、お昼頃、傍を通ったら行列ができていました。注文したのは「清燉牛肉麵」。あっさり味で出汁の効いたスープで、具は味付け牛肉、麺は太くて、味も見た目も日本のウドンにそっくりです。食べやすく、スルスルと身体に入る感じです。地元の御客さんは、テーブルに置かれたラー油や塩・胡椒、高菜(?)を入れて自分好みの味にしていました。

イメージ 2

 隣に座った田中要次似のオジサンが排骨麺に単品の排骨を追加注文してダブル排骨麺にしていたので、そんなに美味しいのか?と思い、店の外に出ると、路上で調理人が厚い豚肉を叩いて延ばし、胡椒を塗しており、それを見て翌日は排骨麺に挑戦しようと決めました。


イメージ 3
 
 他店でも排骨を食べたのですが、どことも違う味わいでした。ちなみに排骨麺は数に限りがあるそうです。