GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

35年ぶりの再会

 
 先週の土曜日、JR総武・中央線の秋葉原駅から電車に乗って立っていたら、目の前の座席の乗客が、ずっと私の顔を見ています。年代的に同世代ですが模型業界の知人や模型店時代の御客さんではありません。
 
 そのうち、目的の市ヶ谷駅に到着したので降車すると、その人が追いかけてきました。「あの、大変に失礼ですが、ひょっとして、昔●●デパートでバイトしていた高田さんですか?」
 
 大学時代、ずっとバイト先で一緒だったAさんでした。約35年ぶりの再会でしたが、お互いを認識しあった後の彼の一声が「久しぶり」とか「懐かしいね」とか「今、どうしてる?」ではなく、
 
「昔、俺がカレー牛丼を売り出したら絶対にヒットすると言ったの覚えているか?松屋カレギュウを発売して、見事にそれが証明されたろう?」
 
 なんだか、誇らしげでしたが全く覚えていません。彼によれば当時、私は「両方、味わえるから素晴らしいアイデアだ」的な反応だったらしいのですが、そもそも覚えていないので「へぇ?そんなこと、言いましたっけか?」状態。

 
イメージ 1
 
 「そうか、覚えていないか…」と残念そうな様子の彼は、近況報告も名刺交換もしないまま、ホームに到着した新宿方面に向かう電車に「じゃあ」と乗り込み、仕方なく私は改札口へ。適当に話を合わせてやればよかったかな?と今思っています。
 
 ちなみに松屋のカレーは、その辺の定食屋のカレーや某カレーチェーン店より、ずっと美味しいと思います。