GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

烏来の猫

 
 台北郊外の烏来の猫は、台北辺りの猫と違って、顔が小さくて耳が長く、脚も尻尾も長め。生物観察のために夜道を歩いているとき、いきなり出てきた野良猫は、特に耳が長くて「山猫?!」と一瞬、勘違いしたほどでした。
 
イメージ 1
 
 早朝、街を歩いていたらアパートの玄関の前で猫が座りながら、こっちを見てニャーニャー鳴いて、開けて欲しいアピールをしてまして。
閉め出されたのかなと思い、ドアを開けてやろうとすると鍵が掛かっており開かず。立ち去ろうとしたら、寄ってきて「もう一度、やれ」と言っているのかニャーニャー鳴きます。
 
 
イメージ 2
私がダメだとわかると、前を歩いていた他の参加メンバーのところに行ってアピールしましたが顛末を知らないので「あ、猫だ」「なんか日本の猫と違いません?」「昨夜の野良猫もこんなだったよね」で終わり。
 
再び、元の位置に戻って座っていました。