GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

中西さんからの引越祝…

イメージ 1

 私がやっていた模型店時代のHPを読んでいた方は御存知でしょうが、中西さんという、ちょっと変わった友人がおりまして。身長を含めて、外見は元ヤクルトの古田選手似、几帳面な性格で、あだ名は見た目そのまんまの「のびた君」

 昔は毎年、沖縄や奄美諸島に採集旅行に行っていたほどの昆虫採集マニアでしたが、結婚して、ぷっつりと止め、今は1/43欧州レジンカーを作りまくっています。そのあまりに几帳面な性格に起因する素敵な(?)伝説を沢山、持っている愛すべき人物ですが、今回また新たな伝説が。

 新年早々、中西夫婦連名で宅配便が届きました。年末に「ほんの気持ちだけど、引越しのお祝いを送るから」との電話があったので、すぐに開けてみると、センスの良いペーパーナイフ、革製キーホルダー、
北欧製の調味料入れセットが。

 N氏の奥さんは旅行会社に勤務しており、添乗員として各地を巡っているので、こういう物のセレクトは見事で、どれも嬉しい品物でした。ふと箱の底を見ると大きめな茶封筒があり、中には1冊の本が。タイトルは「増補版 世界のザリガニ飼育図鑑」「なぜに?ザリガニ?????」

 御礼の電話がてら、ザリガニ本を送った意図を尋ねると「昔、フィンランドに行ったら、現地でザリガニの解禁シーズンだったけど、やたら値段が高くて、あんなモンに、高い金を払うフィンランド人の気が知れない、とか言っていたでしょう?」

 確かに言いました。2004年にドイツ軍の8,8cm対空砲の取材で8月末にフィンランドに行ったら、丁度、解禁のシーズンだったようで、スーパーや市場にザリガニが沢山売られていました。日本の松茸や中国の上海蟹同様、ザリガニはフィンランド人にとって季節の高級食材のようで、スーパーで一尾600~1,000円、レストランで食おうものなら一尾1,500~2,000円ほど請求されます。子供の頃、スルメの足やら塩鮭の皮で、アメリカザリガニをワンサカ釣った私にとっては「なんで?」。もちろん食べてはいません。だってザリガニですよ、たかがザリガニ。

「話を聞いて気になって調べてみたんだけど、彼らが食べているのは、ターキッシュ・クレイフィッシュっていう、冷水系ザリガニで、日本にいるアメリカザリガニとは、根本的に種類が違うんだよね」

「北欧では天然物は厳しく保護されていて、養殖が行われていたり、ロシアや東欧から食用に輸入もしているらしいんだよ。んで、その本に本物の写真や詳しい生体が載っているから、きっと喜んでもらえると思って贈ったんだよ。これで長年の謎が解けたでしょう?」

 まあ、生き物は好きだし、キレイな写真満載なので、おもしろい本だとは思いますが、ザリガニの種類が違うとかいう話は、電話やメールで済むんじゃないかい?