GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

竹細工の手長エビ

 私が大学生の頃に亡くなった父方の祖父は、ある鉄骨橋梁会社の重役だったが、業界では趣味人、というか変人として有名だったらしい。その業界の御年輩の方と会って自己紹介すると、大概「ええ!、あの稔さんの御孫さん?!」と驚かれ、生前のおもしろいエピソードを聞かせてもらえる。

 几帳面と真面目、緻密、仕事熱心が服を着たような父親とは対照的に食通、粋、洒落者、達筆、趣味人、目利き、物知り、伊達者、驚くべき頭の良さで、孫の自分から見ても、本当に格好良く、到底、真似できない人物だった。当然、女性が放っておくはずがなく、そちら方面の話も様々な方から聞かされた。つくづく祖母は大変だったと思う。

 そんな祖父と小学生の頃、近所の八幡宮神社に散歩に行った際、参道に通じる道端で若い女性が露店を出していた。ミカン箱くらいの木箱の上に竹細工のトンボ、エビ、カマキリを置いており前を通ると

「坊ちゃん、トンボよ。見てって」

と声を掛けてきて、その中の一つを差し出した。祖父は「ちょっと見せてな」とそれを受け取り、しげしげと眺めると「これは、子供のオモチャやないな」と、その女性に、この竹細工について話を聞き始めた。

 作者は彼女の夫で、埼玉県で竹製の籠やザルを作っている職人とのこと。親方の下で修行し独立したものの、安価なプラスチック製品に押されて注文は減るばかり。指先の鍛錬と趣味半分で作った虫やエビ、カニなどの竹細工を土産店に売って生活費の足しにしており、この日、店開きしている場所は、叔母さんの家の前で、八幡宮の桜が咲き始めたので人出があると聞き、埼玉からわざわざ行商に来た等々。

「ほうほう。お若いんで、てっきり娘さんや思たら、ご婦人さんか」

 祖父は、そう言いながら、竹細工一つ一つを手にし、

「これで全部か?」と尋ねた。

 女性が、すぐに裏の家から風呂敷包みを持ってきて広げると、一つづつ綺麗に人形紙にくるまれた、いくつかの竹細工が入っていた。

「どうぞ、お好きなのを選んでください」

 彼女は人形紙を開けながら、そう言った。アイテム自体は店頭と同じで、それが複数個あった。

「うん。じゃあ、全部もらおう」

 祖父が財布から数枚の千円札を取り出すと、彼女の驚きと喜びようはなかった。

「釣りはいらん。旦那さんに美味しいもんでも買って帰んなさい」

 彼女が声を掛けると、裏の家から叔母さんが出て来て、二人で何度も御礼を言った後、お茶を御馳走したいので、ぜひ上がってくれと請われた。祖父は丁重にそれを断ると、名刺を出し、

「あんたの旦那さんに、作ってもらいたいものがある。ここに連絡するよう伝えてくれ」

彼女は、まるで割れ物でも扱うように丁寧に名刺を仕舞った。

「必ず、必ず連絡します」

 そう言う彼女の横で、叔母さんは、彼女の旦那さんが、いかに良い腕を持っていて、真面目な職人であるかを一生懸命に説明していた。

 「古き良き日本」というフレーズを聞くたびに思い出すのは、子供の頃に見たこの光景である。丁寧な仕事をする職人、それを献身的に支える妻、若い夫婦を応援する叔母、そして祖父の粋。 あたかも調和がとれた映像作品のようであった。

(続く)