GUMKA工房記

GUMKAミニチュアの備忘録を兼ねた日常記です。

スズキGSX250E

イメージ 1

中型免許を取って始めて買ったバイクが、このGSX250Eです。

当時は曲線で構成されたバイクが多かった中、
スズキは角形デザインのRG250/250Eが好評だったためか、
GSEX250E/400Eにも同系デザインを採用しました。

ただ、RG250のスッキリと潔い直線デザインとは裏腹に、
GSXはタンクとシート、テールカウル、サイドカバーが
別人がデザインしたと言われるくらいちぐはぐで、
全体の雰囲気とテールカウル形状から「できそこないBMW」、
タンクとサイドカバーから「ザリ」、
前が出っ張ったシートは「キ●タマシート」
などと蔑まれる有様でしたね。

当時のバイク雑誌は、さすがにスポンサー様に気を使ってか

「個性的なデザイン」

「デザインの好みは別れるところ」

「デザインには賛否両論有り」

などと、やんわりと書いてましたが、圧倒的に否が多かったぞ。

もともとベネリ・クワトロやカワサキZ1R、
Z750FXなどの角形デザインが好きだったので、
Z250FTと、どっちを買おうか悩んでいたところ
行きつけのバイク店の店長から、

「言っとくけど、カワサキは部品、来ないよ(80年代初期の話)」

と言われ、GSXを選びました。
サイドカバーの黒横線が気に入らなかったものの、
色もカタログと同じシルバーにしました。

市販250ccとしては世界初のDOHC 4バルブの2気筒エンジンは、
優秀でストレスなく良く回り、燃費は良く、振動も少なく、
故障知らずとあって、高速ツーリングから街乗りまで幅広くこなせました。

「なんでGSXにしたの?」とか言うXL250S乗りの友人に貸してやったら、
気に入ったようで、数年後、GSX400E Katanaが出たら買い換えてました。

残念ながら、いきなり突っ込んできた車との事故で
廃車になりましたが、保険会社から保険金が下りてから、
もう一度、GSX250Eのブラックを買いました。

周囲の友人からは「(人気の)VT250FかRZ250にしないの?」
と変人呼ばわりされましたが、その扱いやすさと万能さは気に入っていたし、
街中に溢れているバイクと同じというのもなんだかね、
という気持ちもありました。

乗っている人がいないおかげで、ツーリング先の広い駐輪場に停めても、
すぐに自分の愛車が捜せました。さらに、この車体色なら、
不満だったサイドカバーの黒横線も目立たないのもポイントでした。

GSX250Eは、1981年式からフロントフォークにアンチノーズダイブ機構
(ANDF)が装備されるのですが、変なコダワリがあって敢えて、
ANDF無しの年式遅れを探しました。やはりブレーキングのときは、
フロントフォークは沈んで欲しいです。

この二台目のGSX250Eには結婚直前まで乗っていました。

1980年式の総生産台数は、スポークホイールのGSX250(輸出専用)と
キャストホイールのGSX250E(国内・輸出両用)を合計して10,776台でした。